スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

ベース弾きになる~幼少編~ 僕の音楽人生の振り返りです。

 ジャムセッションを世の中に広めるのが僕の仕事!

 
 ベース片手にそうやって音楽活動をしているがそんなこといつ思ったのだろう。


 そんな今の僕に至るまでの話です。







 


僕は5歳くらいの時からピアノを習っていた。まるで幼稚園や学校へ行くかのように。これが僕の音楽生活のハジマリだ。。
僕がかよった所は近所のヤマハ音楽教室でちょうど埼玉県に引っ越してきた直後だった。


4年間通っていたのですが正直ほとんど記憶はない。覚えていることははじめてひいた「大好きなパン」という曲、発表会で「魔女の宅急便」をやったこと。
あと練習がいやだったこと。
それくらいで4年という年月をかけたというのが信じられないくらいだ。
とにかくはっきり覚えているのはそのころ僕は音楽が大嫌いだったということ!


音楽を始めたころ、つまり僕が幼稚園児だったころ先生に迷惑かけっぱなしのとにかくできない子だった。あくまでも周りの子と比べてだけど。運動もお絵かきもゲームも。いつも遅くてびりだった。
そんな僕に鍵盤を弾く。過酷だった。


小学生にあがり僕は剣道を習いはじめる。単純に強さへの憧れから親にお願いしてはじめた。弱かったんだけどなぜかのめりこんだ。思えば休舘日の月曜日とピアノの日以外毎日道場に通った。この事がさらに興味を音楽から遠ざけた。


でもピアノは小学校卒業まで続けた。その理由は親との理不尽な約束があったから。剣道を習う条件としてピアノをしっかりやることをなぜか約束していたからだ。その約束をまもった。つまり大好きな剣道をやりたいから大嫌いなピアノをやっていた。


たしか小学3年生の時ヤマハはやめた。理由はもちろんしらない。そして個人のピアノ教室に習いはじめることにした。能地雪江音楽教室というところへ。このことが今思えば僕のなかで一番はじめに起きたおおきな出来事だ。 (つづく)








スポンサーサイト
03:31 | 過去の記事 | comments (4) | trackbacks (1) | edit | page top↑
合いの手をいれるタイミング~バッキング奏者とのよいコミュニケーションのとり方 | top | ストーリーを読む~ソリストとのコミュニケーションのとり方②~

comments

#
コメントありがとうございました。
わが息子もヤマハ習ってるので、
息子の数年後を拝見している気分になりました(笑)。

動画が見たくて何度かチャレンジしたのですが、ダメでした。。。
でも、写真はとっても楽しそうですね!
by: ママロック | 2006/01/13 10:38 | URL [編集] | page top↑
#
ママロックさん、コメントありがとうございます。今は親に音楽の世界を教えてくれたこと超感謝しています。息子さんのこれから楽しみですね!
by: タケ | 2006/01/13 14:23 | URL [編集] | page top↑
#
私も4才からYAMAHAでピアノを習っていました。大好きなパンも魔女の宅急便もやりましたよ♪懐かしい。。私はピアノが大好きで、幼稚園でも小学校でも、教室にあるオルガンをよく弾いていました。幼い頃のふとした出来事が、その後何かを始めるきっかけとなり、道標を与えてくれているのかもしれませんね。
by: 綾 | 2006/01/21 00:26 | URL [編集] | page top↑
#
コメントありがとう。もうちょっとちゃんとやっておけばなあと後悔も…。でもきっと役にたっていると信じてます。
by: キシラタケユキ | 2006/01/21 01:50 | URL [編集] | page top↑

post a comment















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://superstition.blog41.fc2.com/tb.php/10-ea72e9be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
見習い魔女の女の子が、出会いや別れ、挫折などを乗り越えて成長していく姿を描いた、宮崎駿監督が贈る名作アニメーション。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。