スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

相手の楽器をみると。

ジャムセッションといえばやはりコミュニケーションです。

基本は相手の音をしかっり聞くこと。

自分の音をしかっりつたえること。






このように意思疎通ができれば

どんなシンプルなフレーズだけでも盛り上がってしまうのが

ジャムセッションの面白いところ。

逆にいえばこれがないとジャムセッションは面白くなりません。







つまりまずなにより周りの音を聞かなければはじまらないわけです。

しかしなかなか他の人の音を聞くことって難しいのです。

そこでだれでも他の人の音に集中できる具体的な方法を一つ!!

それは目を使うのです。

「相手の楽器を見てしまう」のです!!




人間、目の集中力ってすごいんですね。

まずどんな風に演奏しているかわかりますね。

そしてなんと相手の動きからリズムが伝わってきます!!

すると不思議なことに音も聞こえてきます。

だまされたつもりで実践してみてください!!

バンドの練習にも使ってみたら面白いかも。



※ライブではちゃんとお客さんの方みましょうね!!
スポンサーサイト
11:55 | 過去の記事 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
今日はブルースライブ! | top | 「ジャムはじめて講座」参加受付開始

comments

post a comment















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://superstition.blog41.fc2.com/tb.php/100-20c581b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。