スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

リズム隊の会話。

ジャムセッションとは楽器を使った会話です!!

ベースやドラムスといったリズム隊は後ろでリズムをしかっり刻むイメージがありますが、

もちろん会話に参加していいのです。




一番簡単な会話法は

メロディーのあいたところに何かフレーズをいれることです。

ドラマーの人がよく4小節目や8小節目にいれる

「フィルイン」をイメージしてもらえるといいと思います。





コツはやはり4小節目や8小節目を狙うことです。

なぜならメロディーに隙間があることが多く、

次で展開が変わることが多いので、

効果的なのです。





多くの曲をコピーした人は自然と癖で小節のくぎれ目にフィルインをいれますが、

これもしっかり会話として使うことによりジャムは面白くなります。

何となくでなくしかっりメロディーを聞いたうえで

さらに次の展開を予測した上で

フレーズをいれるということですね!!!
スポンサーサイト
11:59 | 過去の記事 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
楽器をみない練習。 | top | ジャム=コミュニケーション

comments

# この前...
言ってた奴ですね?
ソリストに合わせて来るな!と思ったら盛り上げていくんですよね。
でも出来てなかった....次回はがんがる!w
by: kiser | 2006/05/24 00:51 | URL [編集] | page top↑
#
>kiser君
そのとおり!!
ソリストの音をしかっり聞くことが大切!!
次回はこれがテーマになると思うのでがんばりましょう!!
by: キシラ | 2006/05/24 11:44 | URL [編集] | page top↑

post a comment















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://superstition.blog41.fc2.com/tb.php/107-25646aee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。