スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

ベース弾きになる~小学生編~僕の音楽人生の振り返りです

ジャムセッションを世の中に広めるのが僕の仕事!

 
 ベース片手にそうやって音楽活動をしているがそんなこといつ思ったのだろう。


 そんな今の僕に至るまでの話です。
小学2年の時までいやいや習っていたピアノ…でも音楽の授業ではピアニカもリコーダーも簡単にできたのでちょっと音楽もいいなと思っていた。何よりできることが少なかったので。
そんな時姉が通っていた個人指導のピアノの教室のほうに通うことがなんとなく決まっていた。


ここで出会った先生が僕を音楽の世界に導いてくれた第一の人である。とにかく不思議な先生だった。絶対に怒ることはなくいつもリズムを手で刻んでいたのが印象的。そしてなぜか交通事故が多かった…とにかくのびのびできた。練習はあいかわらずしなかったけど通うのはちょっと楽しみだった。(ちなみに現在は音楽活動と福祉活動の傍ら偶然僕の家の近くのパン屋さんをしている。)



そして二年に一度の発表会でやった曲が「小象の行進」と「so dance samba」。実はこれが僕とジャズとの出会いです。本当に苦戦した。なんでキーがFなのにこんなにフラットがいっぱいつくの?と。今思えばジャズだからなのです。



興味が強くなればのめりこむ性格だったんで何を考えたか4年生のときブラスバンド部に入部。トランペットを担当。しかし全然できなかった。さらに周りの男の子からはすごくバカにされた。女みたいと。なぜか僕の学校ではピアノとかやっている男の子が極端に少なかったせいもあって。それでも負けず嫌いだったのでかなり努力した。小学生のくせに夏休みを犠牲にして練習した。



そして一年も終わりに近づきある程度自信がつきメロディーを少し吹かせてもらえるようになったある日の出来事。合奏中になんか知らないえらそうな人(先生?)がきてその人は一人ずつロングトーンを吹かせた。僕はその時緊張してしまい音が全然出なかった。そして一言「君は下のパートね。」
やっとの思いでメロディーがふけると思った矢先の出来事だった。今考えるとたいしたことでないが(今は超低音楽器だし)すごく悔しく腹が立ちやめることを決意。そしてJリーグ開幕にあわせサッカークラブへ!


この後ちょうど発表会で最後の力を振り絞ってジャズをやり教室も辞め僕は音楽からしばらく離れることになる。



大きな理由はまずブラスバンド部での出来事。悪い意味で音楽に対しコンプレックスを持つようになった。そして剣道がこのころ急に強くなったこと。初めて強く自信を持てるものができる。この二つのバランスによりここから6年間は剣道生活を送ることとなる。(つづく)


ベース弾きになる~幼少編~

スポンサーサイト
02:06 | 過去の記事 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
①ロックセッション(all you need is a imagination」 | top | 反応する~バッキング奏者とのよいコミュニケーションのとり方②~

comments

post a comment















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://superstition.blog41.fc2.com/tb.php/13-a254c54b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。