スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

①ロックセッション(all you need is a imagination」

僕たちのジャムセッションの模様です。

今回は今までの記事で参考動画として使っていた曲「all you need is a imagination」を紹介します。
40695830.jpg



こちらをクリックすると動画がみれます。


この曲は

歌→ギターソロ→オルガンソロ→ドラムとの掛け合い→歌


という構成になっています。歌の一部分を除きコードはEm一発!セッションするには最適な曲です。


しかしこういったワンコード一発の曲はソロをとりやすい反面、ソロが間延びしてしまったり、バンドのサウンドがバラバラになってしまったりとまとまらないという危険性もあります。



その解決方法として一番なのは4小節、8小節といった区切りをしっかり意識することです。
ソロをとるとき区切りを意識してフレーズを展開させるだけでソロに自然とストーリーができます。
もちろんリズム隊もベースももちろん同じ!そうすればドラムとバラバラになったりなんてことはなくなるしだんだん展開を予測しあうなんてこともできるようになります!


このことを意識してもう一度動画をみてみましょう!どんなストーリーになっているだろう。


この動画をもとにこちらのブログでより細かい解説があるので是非!


「これだからジャムはやめられない」



 
スポンサーサイト
23:14 | 過去の記事 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
②ジャズセッション「羽」 | top | ベース弾きになる~小学生編~僕の音楽人生の振り返りです

comments

post a comment















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://superstition.blog41.fc2.com/tb.php/14-5c896328
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。