スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

スウィングするには


前回の予告どおり今回は具体的なリズムの話です。


ジャズのセッションでは多くの場合、四分音符を中心としたはねたビートを


リズムの基本とします。


ベーシストはウォーキングと呼ばれるフレーズパターンをドラマーはシンバル


とハイハットの2拍4拍でリズムを刻みます。


では実際どんな感じか僕達のセッション動画(1分29秒からジャズの基本的な


リズムパターンになります)をみてみましょう。

2698dd87.jpg


動画をみるにはこちらをクリック!


この1分29秒からのリズムパターンはジャズ独特の「スウィングビート」とよば


れるものです。


この「スウィングビート」のかっこよさはなんといっても前へ前へリズムが進ん


でいく「リズムの前進感」です



ウォーキングベースと呼ばれるだけのことはあります。



しかし実際やってみるとこれがなかなか難しい…。


前へ向かうどころかリズムが止まってしまったり、ドラマーとずれてしまったり、


極端にはしってしまったりと…


安心してください。解決方法を二つ説明したいと思います。









まずはリズムを点だけでとらえないことです


メトロノームだけでずっと練習しているとリズムを点、つまりアタックだけで感じる


悪い癖がつきやすくなります。


リズムはアタックだけでなく、その後の伸びサスティーンがあってはじめて成り


立つものです。



なので「スウィングビート」ではベーシストの人はまずできる限り音を伸ばして


みてください




これだけでかなり前進感がでてきます。









次にリズムをアップでとるという方法です。


ためしにメトロノームか何かに合わせてなんでもいいので手でたたいてみてくだ


さい。


手を打ち下ろす時と振り上げる時どちらでリズムをかんじていますか?


是非振り上げる時に感じてみてください。


これは僕がお世話になっているドラマーの方から教えてもらった方法で
振り上げ


る時に感じることにより自然とリズムのウラを感じることができるのです。


そうすると音は次の音へと自然と向かうのです。


よって前進感が生まれます。是非試してみてください!









この「リズムの前進感」。


僕にとっても大きな課題でいつかhはポールチェンバースやジャコパストリアスの


ようにスウィングしたいと思っております!



これでセッション動画「羽」へのベーシストの視点からみた記事は終わりにした


いと思います。



読んでいただいた方ありがとうございました。



来月には新しい動画を配信する予定ですのでお楽しみに!











記事の内容、ジャムセッションについてなにかご意見・ご感想などなにかありましたら是非コメントお願い致します。




こちらの記事はジャムセッションブログ「これだからジャムはやめられない」
と連動しております。

是非こちらもよろしくお願いします!
 「これだからジャムはやめられない」





1月22日(日)セッションクリニックに参加していただいた方ありがとうございました。また是非ジャムセッション楽しみましょう!








スポンサーサイト
10:30 | 過去の記事 | comments (4) | trackbacks (1) | edit | page top↑
Donny Hathaway 「Live」 | top | ジャズとロック、リズムの違い!

comments

#
毎回興味深く拝見させていただいています。
自分もバンド仲間とセッションする機会があるのですが、どうにも腕前が足らないのでベースラインが1~2小節のフレーズになりがちです。
コード進行やコードチェンジのオカズ、ウォーキングの際の音階の作り方などコツがあったらご教授ください。
by: kota | 2006/01/31 02:38 | URL [編集] | page top↑
#
>kotaさん

コメントありがとうございます。
3~4小節目を1~2小節目に弾いたフレーズの繰り返しにせず、おもいきって次の小節へのつなぎのフレーズにつかってみてはどうでしょうか?そうするとフレーズは大きくなるし自然とつなぎフレーズがオカズになります!
by: キシラタケユキ | 2006/01/31 04:10 | URL [編集] | page top↑
#
後、ウォーキングの音階でした…基本は1拍目と3拍目はコードの音。2拍目と4拍目はつなぎの音というふうに作るのが自然だと思います。これだけでもかなりのヴァリエーションがつくれるはず。
バンド仲間とセッションは本当に楽しいですよね!手の内がばれてしまっていたりするが…逆に予測できたりもして。
by: キシラタケユキ | 2006/01/31 04:19 | URL [編集] | page top↑
#
でいつものメンバーでやっていると、そういうのもいいんだけど他のができない。みたいになります 笑
丁寧なお返事ありがとうございました。
またちょくちょく覗かせていただきます。
by: kota | 2006/02/01 04:01 | URL [編集] | page top↑

post a comment















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://superstition.blog41.fc2.com/tb.php/23-fb8637d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  今回から、 特にリズムに注目して ジャムセッションのコツについて 突っ込んで行きたいと思います!  リズムといえばやっぱりリズム隊!!  今回は動画でウッドベースを弾いている きしら君にリズムに焦点を当てた インターヴ....
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。