スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

ベースラインをつくる!


今月のセッション「superstar」


8dcd2146.jpg



動画をみるにはこちらをクリック










~ベースラインをつくる編~



今月のセッションはヴォーカルセッション。


歌のバックでどんなベースライン弾けばいいのか?


そんな話です。














ヴォーカルセッションにかぎらずセッションの時困ること…


それは…知らない曲をセッションする時


知っている曲であればイメージもわくしコピーした事のある曲であればおもわず


笑顔で弾いてしまうでしょう!


しかし知らない曲だとコードを追っかけたり譜面を読むことに夢中になって


ついつい自分の弾きたいベースラインをイメージしたり歌ったりすること


がおろそかになってしまいます。

















この事はセッションに限らすバンドでオリジナル曲を作るときなんかにも


いえるのではないでしょうか?


例えばメンバーが曲を作ってリハーサルの時ためしにやってみようということに


なった。


すごくいい曲だなと思ったけど自分が弾いているのはルート弾きのみ…


またはせっかく新しい曲なのにいつものベースラインのみ。


この後家に帰ってイメージを練ったりするのももちろんいいのですができたら


その場で弾いてしまいたいですよね。













譜面を正確に読んだりコードの仕組みを理解することは音楽をやる上ではとても


大切なことです。



しかし音楽の本当の面白さはそこだけでなく曲という素材に対して自分なりに


どんなアイディアをだせるか、またそれをどんな風に表現するかということだと思います。


セッションにしてもバンドにしてもやっぱりそういった演奏をして


コミュニケーションをとったほうがぜったい楽しくなるのではないのでしょうか?











そのために大切なこととして僕はこの3つをあげます。


それはまず何より自分のイメージを明確にすること。


与えられた情報をしっかり把握すること。


周りの演奏に耳をかたむけること。


次回からはセッション動画を元にこの3つをふまえたセッションでの


ベースラインの作り方の話をしたいと思います!












今回のセッション動画、記事についてなにかご意見・ご感想などなにかありましたら是非お気軽にコメントお願い致します。


またこちらの記事はジャムセッションブログ「これだからジャムはやめられない」
と連動しております。

是非こちらもよろしくお願いします!



スポンサーサイト
22:00 | 過去の記事 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
イメージをもって弾く! | top | 大切なことを忘れてた!

comments

post a comment















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://superstition.blog41.fc2.com/tb.php/29-87beabf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。