スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

歌をきこう!


今月のセッション「superstar」


8dcd2146.jpg



動画をみるにはこちらをクリック










~ベースラインをつくる編~



今月のセッションはヴォーカルセッション。


歌のバックでどんなベースライン弾けばいいのか?


そんな話です。











知らない曲や初めてやる曲をやると、


なかなかベースラインが思い浮かばない。


いつもワンパターンになってしまう。


こうならないための方法として楽器を弾く前にできるだけイメージを浮かべよう。


という話をしてきました。











「イメージを浮かべる」とはどんな風にベースを弾くかあらかじめ考える。



つまり譜面やコード進行を追っかけるだけのベースラインにならないように


おおまかなストーリーを作っておくということです。












しっかりとイメージが浮かんだらいざセッションです!


しかし始まってみるとみんなの意思が統一されていてうまくいくこともありますが


困ったことにそれぞれの演奏者のイメージのちがいがぶつかることもあります。


そんな時大切なのが「歩み寄ること」。


つまり最後のポイントである「周りの音をしっかり聞く」です。


とりわけヴォーカルセッションでは歌をとにかく聞きましょう


そして歌にあったベースを弾くことを心がけてください。


みんながしっかり歌にあわせる意識を持てば自然と同じ方向をむいてくるはずです。


またメロディーにはベースラインのアイディアがたくさん潜んでいたりもします!












最後にドラムとのコンビネーションについて付け加えます。


ドラムとバラバラではグルーヴはありえません。


そこでドラムとパターンを合わせる方法。


前にも言いましたがとにかくバスドラムを聴くことです。


ベースラインはバスドラムと連動していればまずずれることはありませんので。










今回のセッション動画、記事についてなにかご意見・ご感想などなにかありましたら是非お気軽にコメントお願い致します。


またこちらの記事はジャムセッションブログ「これだからジャムはやめられない」
と連動しております。

是非こちらもよろしくお願いします!


スポンサーサイト
20:00 | 過去の記事 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
超初心者ジャムセッションクリニック開催!! | top | 譜面から情報を!

comments

post a comment















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://superstition.blog41.fc2.com/tb.php/32-76c72bf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。