スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

メロディーのきれめを狙え!


今月のセッション「superstar」


8dcd2146.jpg



動画をみるにはこちらをクリック










~コミュニケーションのとり方編~



今月のセッションはヴォーカルセッションです。


ヴォーカルセッションではベーシストはもちろん演奏者はヴォーカリストの歌を


中心に考えて演奏していきます!


ただヴォーカリストとの距離をなくすことはセッションを盛り上げるためには


とても大切!


つまりメロディーに対して反応したり、演奏者のほうからもいろいろアプローチ


したりするとセッションはさらに面白くなっていくのです。


ヴォーカリストともしっかり音楽の会話をするということですね!









具体的にどうすればいいのか。


一番分かりやすいのはヴォーカリストの歌の切れ目に何かフレーズをいれてあげる


方法です。


動画ではAメロではオルガンがBメロではギターがフレーズをいれています。


なんとなくでなく意識的に行うと音楽の会話をするのにとても効果的な方法です。


ヴォーカルの歌に対して何か反応をする。


すごく単純なことなのですがこれがセッションをうまくすすめるための


基本の基本かもしれません。









気をつける点はみんなで一斉にやらないこと。


バラバラなことをやると音がぶつかるしなにがなんだか分からなくなります。


そうならないために早めにアプローチすることが大切だと思います。


早い者勝ちですね。








歌の切れ目は4小節めや8小節めなどが多いようです。


なので次につながるようなフレーズを弾けば自分のフレーズも発展させることができます。


ベーシストの人はわかりやすくするために


ベースの中の高音域でフレーズをつくるとよいかもしれません♪





今回のセッション動画、記事についてなにかご意見・ご感想などなにかありましたら是非お気軽にコメントお願い致します。


またこちらの記事はジャムセッションブログ「これだからジャムはやめられない」
と連動しております。

是非こちらもよろしくお願いします!



スポンサーサイト
03:10 | 過去の記事 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
音楽も会話の流れを考える! | top | 歌とコミュニケーションをとる!

comments

#
あ~なるほどねぇ!!!

セッションだけじゃなくってバンドでもそうだよね!
曲作る時も色々試してみよっと!

ちなみにベースの高音域好き!!

またおもしろい記事頼むぜ!
by: kimihiko | 2006/03/03 00:30 | URL [編集] | page top↑
#
ベースが高音域で動いても不思議とメロディーの邪魔にならないんだよね。
ギターがやりすぎちゃうとまずいんだけど。

というかおかえりなさい!
by: キシラタケユキ | 2006/03/03 04:21 | URL [編集] | page top↑

post a comment















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://superstition.blog41.fc2.com/tb.php/37-c59f31a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。