スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

メロディーとベース


今月のセッション「superstar」


8dcd2146.jpg



動画をみるにはこちらをクリック



ヴォーカルセッションをして感じたことはベースラインをつくる上でのメロディーの大切さ。

メロディーあってのベースラインだなと。






頭にメロディーが流れているのと流れていないのではベースを弾く上でイマジネーションに歴然とした差がでてくる。

アイディアがうかびます。







さらにそれはリズムの事でも感じる。

昔バンドでレコーディングした時少し遅めの曲でどうしても僕のベースがつっこんでしまったことがありました…。

そこでギターの斉藤君が「メロディー歌いながら弾いてみたら」と提案。

するとリズムがつっこむことなくスムーズにベースが弾けたのです!







そうやって考えるとポールマッカートニーやリチャードボナがあんなふうにベースが弾けるのがちょっとだけわかる気がする…。





※僕のブログを読んでジャムセッションに興味がわいた方はこちらもどうぞ↓


#僕達の考えるジャムセッションとは?


#毎月開催ジャムセッションクリニック!










スポンサーサイト
03:20 | 過去の記事 | comments (6) | trackbacks (1) | edit | page top↑
ベーシストは… | top | 今月も初心者セッションクリニック!

comments

#
某SNSから飛んできました。
私はどうしてもベースを弾きながらベースライン以外のものを歌うことができません。
どうしてもベースラインを歌っちゃうか、メロディーを弾いてしまいます。
ベースラインを弾きながらメロディーを歌う方法を教えてください!
by: りゅう | 2006/03/21 06:49 | URL [編集] | page top↑
#
りゅうさんコメントありがとうございます!
すごくいい所につっこんでいただきました。
そう、こんな記事かいておいてですがなぜかベースを弾きながらだと”むずかしい”のです。
なぜならベースラインもある意味メロディーなので頭の中で2つのメロディーが鳴ることになります。

ただメロディーとベースラインはまったく違うことをやっているわけでなくハーモニーでしかっり結びついています。
イメージしにくいかもしれないのですがベースは単音ですがコード楽器(ハーモニーを担当する)でもあることを意識する必要があります。
そしてハーモニーを意識するためにも一番の方法はとにかく”耳を使って演奏すること”だと思います。ようく聴く。単純ですがこれがおそらく一番の近道だと思います。

by: キシラタケユキ | 2006/03/21 11:42 | URL [編集] | page top↑
#
ハジメマシテ^^昨日からブルースマンicerocketと申します。

タイヘン興味深く読ませていただきました。勉強になります^^

アドリブで音楽がやってみたいと思い、ブルースを聞き始めたところ別の意味でハマリました。ギターヘタクソですが、ちょくちょく見にきますね^^

更新楽しみにしております。
by: icerocket | 2006/03/21 20:35 | URL [編集] | page top↑
#
icerocketさんコメントありがとうございます!
これから更新がんばっていきますので是非よろしくお願いします!
僕もicerocketさんのブログの方遊びにいきます。タイトルかっこいいです。

by: キシラタケユキ | 2006/03/21 22:27 | URL [編集] | page top↑
#
回答ありがとうございます。
ベースはルートを弾くことが多いから(言い訳にならない)、
「ハーモニー」とか忘れてました。
自分(ベース)をハーモニーの一部として意識して歌う、ということですよね。
早速試してみます。
実は長年これで悩んでいたので、良かったです。
ありがとうございます!
by: りゅう | 2006/03/25 23:17 | URL [編集] | page top↑
#
そうですね!
メロディーあってのベース。ベースあってのメロディーだと思います。
またブログの方是非いらしてください!
by: キシラタケユキ | 2006/03/27 01:27 | URL [編集] | page top↑

post a comment















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://superstition.blog41.fc2.com/tb.php/41-27f2b396
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  今回からはセッションの時に「バンドメンバーがヴォーカルに求めているもの」をテーマにインタヴューしていきたいと思います!まずはベーシストのきしら君から行きます! その前にヴォーカルとセッションしている動画をチェックしてみて下さい...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。