スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

音域が低いから

今月のセッション「superstar」


8dcd2146.jpg



動画をみるにはこちらをクリック





ベーシストはリズムをキープしなければならないしルート音を弾くことによってハーモニーの移り変わりをしめさなければならない。


いろいろ拘束されることが多い気がしますが。


ベースは



「音域が低い。」



このことが自由に弾くことができる武器となります。





今回のセッションで難しかったことがヴォーカルに対してのギター、ピアノといった楽器の音域の問題。

いくらセッションだから自由に弾いてよいといっても

ギターやピアノはヴォーカルと音域の上でかぶりやすいので肝心なメロディーを邪魔してしまう可能性が高い…。





しかしベースは音域の面から考えると邪魔になりにくい!

つまり自由?



あくまでも音域の上の話なので他の要素が絡めばまた違った考え方もできると思います。


でもやりかた次第ではもっともっと自由に弾けるはず!!









※僕のブログを読んでジャムセッションに興味がわいた方はこちらもどうぞ↓


#僕達の考えるジャムセッションとは?


#毎月開催ジャムセッションクリニック!


スポンサーサイト
16:00 | 過去の記事 | comments (0) | trackbacks (1) | edit | page top↑
朝までセッション。 | top | ベーシストは…

comments

post a comment















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://superstition.blog41.fc2.com/tb.php/43-350b60f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  前回に続きまして、ベーシストがバッキングする際にどんな気持ちで弾いているのかをインタヴュー! まずはお約束のセッション動画チェックから行ってみよ!『リアルなセッションを動画で体験!』(↑のページでヴォーカルセッションを...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。