スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

小節感覚とは?

今回から「小節感覚」についてです。

小節感覚とはいったいなんでしょう?

この小節感覚はジャムセッションをやるうえでとても大きな助けになります。

特にベーシストやドラマーにとってはとても大切なものです!







小節感覚と、いちいちカウントしたり、譜面を追わなくても

小節の長さが分かる感覚のことです。




曲のメロディーは4小節や8小節などでまとまっていることが多いようです。

なんでもよいので好きな曲を歌ってみてください!

必ず呼吸する小節があるはずです。

多くの人がこれを自然に感じ取れると思います。

これが小節感覚です。





セッションで小節感覚のあるベーシストの方は4小節目にしっかりつなぎのフレーズを入れたりします。

コード一発のセッションでも小節感覚があれば

8小節や16小節でパターンを変えたりということができるはずです。

この小節感覚を意識すればセッションで

どこをやっているかわからなくなったり、うまく展開することができないということの解決になるはずです!









*ジャムセッションに興味のある方はこちらもどうぞ!


#僕達の考えるジャムセッションとは?


#セッション動画をまとめてみる


#毎月開催ジャムセッションクリニック!


#ジャムの楽しさみつけましょう。ジャムベースレッスン!



スポンサーサイト
13:17 | 過去の記事 | comments (2) | trackbacks (1) | edit | page top↑
ブルースという魅力 | top | ジャムセッションクリニック

comments

# 意外と深い⇒小節感覚
キシラさん、こんばんわ。

いゃ、全く同感です。小節感覚がずれたソロを聴いていると、確かに何となく「気持ちが悪い」。

でも、コレってプロでも間違えたりしてるので、本番セッションとかだと(特に盛り上がってる場面で弾き倒したりするプレイヤーさん達にとっては)、意外にキープするのが難しいかも知れませんね?
by: タテスケ | 2006/04/18 21:58 | URL [編集] | page top↑
#
タテスケさん、こんばんわ。

そうですね。そして実は盛り上がった時こそ重要であり難しいかもしれませんね。そう考えると小節感覚の重要さ大きいですね。改めて感じます。
貴重な意見ありがとうございました!!

by: キシラ | 2006/04/19 00:01 | URL [編集] | page top↑

post a comment















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://superstition.blog41.fc2.com/tb.php/71-e7a67ced
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
     さて、今回から 先月のクリニックのレポートを お送りします。  第一弾のテーマは  『小節感覚とその使い方!』  ジャムセッションでは この小節感覚があると アドリブの大きな助けになったりします....
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。