スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

小節感覚を使ったコミュニケーション

ジャムセッションでは「小節感覚」があるととても役にたちます。

小節感覚とは、いちいちカウントしたり、譜面を追わなくても

小節の長さが分かる感覚のことです。

この小節感覚は音楽による会話にとても役に立ちます。






ジャムセッションでは順番に各プレイヤーがアドリブで演奏していきます。

ソロとよばれるものですね。

アドリブ、つまり自由に演奏していいのです。

もちろんベーシストにまわってくることもあります。






ソロがまっわってくるとついつい何小節もフレーズでうめてしまうことがよくあります。

小節のまとまりを意識していないとこうなってしまうことが多いようです。

例えば2小節演奏して少し休む。






すると休んだところで誰かがフレーズをいれてくれるでしょう。

逆に全てを弾き続けてしまうとだれもフレーズを入れることができないのです。

会話する時も喋りっぱなしではうまくいきません。

上手に休むためのコツが小節感覚ではないでしょうか!



















*ジャムセッションに興味のある方はこちらもどうぞ!


#僕達の考えるジャムセッションとは?


#セッション動画をまとめてみる


#毎月開催ジャムセッションクリニック!


#ジャムの楽しさみつけましょう。ジャムベースレッスン!



スポンサーサイト
12:28 | 過去の記事 | comments (0) | trackbacks (3) | edit | page top↑
新しいセッション動画とりおわりました | top | 新しいセッション動画を

comments

post a comment















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://superstition.blog41.fc2.com/tb.php/78-76d7f9aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
   またまた引き続き 小節感覚のお話ですが、 今回はついに4小節の感覚に チャレンジ!  4小節ずつコール&レスポンスしていくわけですが、今回もポイントは同じ! 「シンプルに伝えたいことを歌う。」  4小....
   今回は前回の発展編で 2小節の感覚をつかった コール&レスポンスです!  これは 1小節に比べて 少し長くなるので 色々なフレーズを入れやすいんですが、反面、むずかしい事をやろうとしすぎて周りが聞こえなくなったり、...
   さて引き続きレポートいきます!  今回は さらに具体的に   『1小節の感覚』を使って コール&レスポンスをしてみよう!   と言うのがテーマ。   1小節で周りのプレイヤーと  意思疎通を....
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。