スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

1フレット1指フォーム

左手のフォームの話です。

どの初心者向けの教則本もはじめは楽器の部分の名称か

フォームの話からはじまりますよね。

部分の名称はともかくベースをはじめる上で大切だからでしょう。

いや、大切なんです!





フレット一つずつに指を順番に置く4フレットフォームと呼ばれる押さえ方が基本とされてます。

あの指をすごくひらく形です。






これは最初かなりきついのですが、

後々のことを考えるととても合理的なのです。

例えば、ほとんどのスケールが弾けます。早いフレーズが弾けます。音がきれずスムーズに弾けます。音にばらつきがなくなります。

けっこう悩みが解決するものですね。





でも手の小さい人とかは人差し指と中指と小指でおさえる3フレットフォームでもだいたいのことはできますので大丈夫です。

実はウッドベースはこの指使いが基本なんです。

僕はけっこうウッドベースの癖でエレベでもやってしまっています…。

スポンサーサイト
13:38 | 過去の記事 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ベースとドラム | top | ウォーキングベースが人気

comments

post a comment















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://superstition.blog41.fc2.com/tb.php/84-b61d2660
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。